社会保険労務士・行政書士事務所 経営・労務コンサルタント 総務・経理・給料計算のアウトソーシング

有料相談
労働者有料相談

岡西労務管理センターグループ

グループの概要とご案内
詳しくはこちら→

社会保険労務士とは

労働・労務問題を解決するエキスパート
詳しくはこちら→

行政書士とは

様々な行政の許認可書面を作成するエキスパート
詳しくはこちら→

労働保険事務組合のご案内

事業主の労災加入や保険料の分割が可能です
詳しくはこちら→

当所に併設する労働保険事務組合

近畿圏の中小企業様を対象としています
詳しくはこちら→

顧問先様専用

※要ID・パスワード
詳しくはこちら→

メールマガジン

メールマガジンを配信しています。
ご希望はこちら→

報酬・費用について

一例として挙げております
詳しくはこちら→

お問い合わせはこちらから

詳しくはこちら→

  

報酬費用の目安 (社会保険労務士業務)

多様な契約体系と低廉な顧問料

社名プレート

当社では、企業様のニーズにお応えすべく、フルサービスから必要なサービスだけまで、幅広くお応えできるように契約形態を複数設けております。

 
※「特殊事例対応」につきましてはお問い合わせ下さい。
顧問契約形態契約に含まれるサービス内容
どの契約でも 法改正情報等、定期的なお知らせをお送りします
相談顧問A電話・メール・来訪による労働・労務問題の相談対応で、目安として月平均2時間程度までの対応を想定しています。
(相談以外の実務対応や往訪によるご相談については、報酬規程に基づき日当や交通費・手続料を別途ご請求)
相談顧問B相談顧問Aに加え、当方から必要の都度往訪し相談対応するほか、軽易な書面作成や実務対応を含みます。
(日当は不要。交通費は別途ご請求)
相談顧問C相談顧問Bに加え、規程見直し(全面見直しや新規作成を除きます)や実務対応、半期2時間までの社内研修等を含みます。相談対応時間に制限はありません。
(実務対応につきましては、特殊事例対応を除きます。遠地を除き、往訪に伴う交通費のご請求もありません)
包括顧問A相談顧問Bに加え、労働・社会保険事務手続を含みます。
(事務代行が主で、相談事項が少ない企業向けです)
包括顧問B相談顧問Cに加え、労働・社会保険事務手続を含みます。
(制約のない、基本的な契約形態がこちらとなります)
包括顧問C包括顧問Bに加え、特殊事例対応を含んだ契約となります。
(実費負担を除く別途請求は無しとなります)
(平成29年1月1日現在)
顧問契約形態月額の顧問料(報酬額表から抜粋)人数は企業全体の従業員数です
50人未満100人未満500人未満1000人未満5000人未満
相談顧問A10,000円12,000円20,000円25,000円45,000円
相談顧問B15,000円20,000円30,000円35,000円70,000円
相談顧問C30,000円40,000円60,000円80,000円300,000円
包括顧問A40,000円50,000円125,000円155,000円470,000円
包括顧問B60,000円70,000円185,000円200,000円700,000円
包括顧問C85,000円100,000円250,000円300,000円850,000円

上記は一例です。

金額は個別契約で、契約内容により金額は変わりますので、あくまでご参考です。
この他にも契約の種類や人数別の金額設定をしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
従業員が少人数の場合は、別途金額設定しておりますので、この表に拠りません。

▲ このページのトップへ ▲